『春めく』と『春寒』:かにざえもん

ご案内

2019年2月28日

某テレビ番組のおかげで(担当していらっしゃる講師の方のおかげで?)最近、俳句の本を書店などでよく見かけるようになりました。
俳句には『季語』というものがありまして、2月も終り3月を迎えるこの時期には、『春めく』『春寒』がふさわしい気がします。
本当にこの言葉の間を行ったり来たりの時期ですよね!

さて分館には、某テレビ番組の俳句コーナーの講師:夏井いつき先生の、わかりやすい俳句教室の本『2択で学ぶ赤ペン俳句教室』『世界一わかりやすい俳句の授業』の2冊を御用意しております。
先生独特の語り口で読んで楽しい本ですよ!
他にも『朝ごはんと俳句365日』という、俳句グループ『船団の会』が編んだ俳句と朝ごはんの日記を組み合わせた本もお薦めです!
歳時記の本や和暦の本も御用意しています。気忙しい季節ではありますが、ほんの少し暇を見つけて、季節と言葉を楽しむ『俳句』に親しんでみませんか?